ブログ

【4記事で合格】Google AdSense審査の考察

👆やったー!広告出てるー!

ケニー
ケニー
念願だったGoogle AdSenseにたった4記事で合格したので今まで何を意識してきたのか。また何を改善したのかを踏まえて僕視点で審査のポイントを考察します。

ブログ始めたばかりの人や惜しくも審査不合格になっているあなたはご自身のブログと比較してみてくださいね。
もし足りない部分があったら修正すれば次は行けるかもしれないですよ!

一緒に頑張りましょう!

Google AdSenseとは

Google AdSenseとは自身のサイトにGoogleの広告を掲載するためのサービスの事です。
サイトを収益化するために多くのブロガーさんが導入していますね。
AdSenseを使用すると広告がサイト内容によって最適化されたり、ユーザーの趣味趣向にあった広告が表示されるようになります。

ただGoogle AdSenseに登録すれば誰でも広告が出せるようになる訳ではありません。
そこには厳しい審査を通過する必要があるのです。

厳しいと言われる理由は落ちた時に大まかな理由は教えてくれるが、具体的な修正点は教えてくれないからです。運が悪いとは①闇雲にサイトを修正し②審査通して③不合格の無限ループに入ってしまう人もいるのです。

審査資格(基準)

公式で出している審査資格は以下です。

審査資格
  1. 一から作った独自のコンテンツを所有していますか?
  2. コンテンツは AdSense プログラム ポリシーに準拠していますか?
  3. 18 歳以上ですか。

参考:https://support.google.com/adsense/answer/9724?hl=ja

詳しくみていきましょう!

一から作った独自のコンテンツを所有していますか?

Googleは検索エンジンです。
人は何か問題や悩みを解決したいときに「検索」という行動をとる訳ですから似たような情報ばかりが検索結果に並ぶとユーザーにとっては不利益になってしまいます。

世の中には何百万というサイトが存在しているので、他と差別化を図るためにこの基準を設けているのは不思議ではありませんよね!
記事の内容が独自のものか?または内容が他と似通ってていてもまとめ方に独自性があるかという部分です。

これの延長線上で、ドメインについても独自のドメインの方が合格しやすいのでな無料版の「はてなブログ」などで開設している人は受かりにくいそうです。

ちなみに僕はWordPressで開設しています。

コンテンツは AdSense プログラム ポリシーに準拠していますか?

Googleは広告を掲載する際に信頼性を損なわないようにするため、収益化するコンテンツの内容に制限をかけています。

以下のコンテンツはダメです。

  • 違法なコンテンツ
  • 知的財産権の侵害
  • 絶滅危惧種
  • 危険または中傷的なコンテンツ
  • 不正行為を助長する商品やサービス
  • 不適切な表示に関連するコンテンツ
  • 悪質なソフトウェアまたは望ましくないソフトウェア
  • 露骨な性的描写を含むコンテンツ
  • 国際結婚の斡旋
  • 家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ
  • 児童の性的虐待や小児性愛に関するコンテンツ

参考:https://support.google.com/adsense/answer/9335564

一般的な内容を書いていれば、まあ引っかかることはないと思いますが、「ドキッ」っとした人はリンクから詳細を確認ください。

また記事にしてはいけないという「コンテンツポリシー」の他に、サイト内に必ず「プライバシーポリシー」や「問い合わせページ」など必要なページを設置しなければならない点も注意です。

18 歳以上ですか。

これは文字通り、18歳以上でないとAdSenseを受ける資格はありません。
18歳以下の場合は保護者のアカウントを使用することで審査してもらうことができます。

不合格時のサイトスペック

冒頭で4記事で合格!大型新人現る!?みたいな書き出しでしたが、かくゆう僕も一度審査に落ちています。。その時のサイトスペックをご覧ください。

【ブログソフトウェア】WordPress
【テーマ】JIN
【記事】3つ
【サイドメニュー】プライバシーポリシー、免責事項、問い合わせフォーム
【フッター】プライバシーポリシー、免責事項
【ツール】Google Analytics , サーチコンソールは紐付け済み

資格の①「独自コンテンツか」を通過するためにWordPressでブログ開設しています。

資格の②「ポリシーに準拠しているか」に引っ掛からない内容で記事を更新しています。(当ブログはアコースティックギター全般についてです。普通の内容であれば問題ないと思います)

資格の③「18歳以上か」は通過ですが、どうやって判別しているのかは謎です。

記事の平均文字数:3,083文字
画像はフリー素材はもちろん、自分で撮った写真や作った図などもあります。
サイドメニューの諸々はJINというテーマを購入したら自動で入っていました。

続いて合格時のサイトスペックです。

合格時のサイトスペック

合格時のサイトスペックを並べます。
不合格時から変更した点は赤字です。

【ブログソフトウェア】WordPress
【テーマ】JIN
【記事】4つ(リライトなし。単純に1記事追加)
【サイドメニュー】プロフィール、プライバシーポリシー、免責事項、問い合わせフォーム
【フッター】プライバシーポリシー、免責事項
【ツール】Google Analytics , サーチコンソールは紐付け済み

よくある不合格の理由

不合格になる理由を一部紹介します。

・「価値の低い広告枠のため」
⇨Googleが「この記事、価値低い!」と判断した際のNG理由。
いくら記事が多くても文字数が少なかったり、内容が薄いと引っ掛かってしまう可能性がある。

・「プログラムの利用要件を満たしていない」
⇨コンテンツポリシーやサイトポリシーに違反している際のNG理由。
必ずGoogleが必要としているページを作成しているか注意。

・「サイトでのユーザーの利便性を高めてください」
⇨記事内で挿入している画像や動画のファイルサイズが重かったりすると、ページを読み込む際に時間がかかるため、ユーザーの利便性を損なうとして表示されるNG理由。
Googleさんはユーザーファーストを徹底しているようですね。

僕の不合格理由と改善点

不合格理由

⬇︎僕の不合格理由はこれでした。

・プログラムの利用要件を満たしていない。
何かしらのポリシー違反をしているということです。また前述した通り
NG理由以外何も書いておらず、どこをどう直せばいいか教えてくれない。。。

問題の洗い出しと改善点

ということでAdSense合格者のサイトを観察し、違いを徹底的に探ることにしました。

参考にする人ですが、有名なブロガーさんのサイトを見ても自分のブログと違う所しかないと思ったので自分よりも1歩先に進んでいる人を参考にしました。

僕が参考したのはこの人:ナナさん(https://twitter.com/growup2019?s=20

「個人で稼ぐ力をつける」をテーマにブログ・副業・健康などの情報を発信している雑記ブログを運営しています。
スキル0の状態からプログラミングを勉強しており、最近ではココナラでヘッダー作成9件を受託したようです!
何も行動しなければ、入ることの無かったお金を手にしている姿は本当に尊敬します。

 

そしてサイトをじっくり見るとポリシーに関わる部分で僕と違うところを見つけました。

それが「プロフィールページ」です。
今までプロフィールはサイドバーにある⬇︎でいいと思っていました。


ですが、ナナさんはそれにプラスで固定ページにプロフィールページを別途作っていました。

⬇︎早速僕のサイトでもプロフィールページを作成し、サイドバーに反映しました。

プロフィール名前:ケニー 関東地方在住の会社員ソロギタリスト サイト名:AcouguisTorch(アコギストーチ ) 由来:アコースティ...

プロフィールに記載する内容は特に決まっていないとのでサイト名とその由来、あとはサイトの運営目的を記載しました。

また直近で執筆していた1記事をプラスし、翌日に再度審査を通したら合格したということです。

合格の要因とまとめ

以上を踏まえ、合格の要因を推察しました。

  1. 固定ページにプロフィールページを入れたことでポリシー通過。
  2. 1記事追加(平均3,000字)
  3. 記事追加の翌日に審査依頼。(アクティブなサイトと認知された?)

今回指摘を受けていたのはポリシー部分だったので記事追加が直接の要因ではないですが、記事を追加した翌日に審査依頼をしたため、アクティブなサイトとGoogleさんに認知されたという間接的な要因があるかもしれません。

4記事ということで記事数はそこまで関係ないという証明になったと思いますので、まだ審査に合格していないあなたはこのブログと徹底的に比較してみてください!

相違する点を修正すれば次は合格するかもしれません。

最後に。。
もし誰かのブログを参考にして合格できたらその人に感謝を伝えてあげて下さい。
めちゃくちゃ嬉しいので。

ABOUT ME
ケニー
アコースティックギター・ソロギターについての情報をゆるく発信していきます!