用語解説

【図解で分かる】インピーダンスって何? これでロー出しハイ受けも理解!

図解でわかるインピーダンス

 

インピーダンスを正しく理解したい!
ロー出しハイ受けって何?

 

という方に向けてこの記事は書いています。

突然ですがあなたに該当するものはありますか?

  • インピーダンスが何か分からない。
  • 入力インピーダンスと出力インピーダンスの違いが分からない。
  • ロー出しハイ受けが分からない。


1つでも該当した人はこの記事を読む価値があります。

今後、アコギでライブしたり宅録(家でのレコーディング)に挑戦する人は、様々な機材を使うことになります。
そんな機材を使うギタープレイヤーにとって「インピーダンス」はマストな知識です。

せっかく良い機材を買ったのに残念な音でライブしていた。。。なんて事が無いように分かりやすく図解で説明しますのでご安心ください!

概念をイメージしやすいように解説しているので、多少実際に起こる事象と乖離する部分がありますが、イメージを掴む点に特化していますのでご容赦ください。

インピーダンスとは

インピーダンスとは電気抵抗のことです。

理科の授業で電気信号にはΩ(オーム)という単位の抵抗が発生すると習いましたよね!
抵抗が大きいほど、電気が流れにくくなるというものです。

電流には直流・交流の2種類ありますが、
抵抗(Ω)も電流によって名前を使い分けているのです。

↓それがこれ。

抵抗の種類
  • 交流における抵抗はインピーダンス
  • 直流における抵抗はレジスタンス

初めにギターからピックアップで拾った音は電気信号に変換されます。
その後ケーブルを経由して、エフェクターなり、ミキサーなり様々な機材に繋がって行き、最終的にスピーカーで再度音に変換されるというのが機材を使って音を出す流れです。

乾電池やACアダプタから流れる電気は直流ですが、エフェクターやプリアンプのような機材で使う音声信号は交流なので「インピーダンス」を使って会話しているという訳です。

 

ピックアップやプリアンプを知らない場合はこちらを参考に!

アコギ用ピックアップの違い
【動画あり】アコギ用ピックアップの種類とメリットを解説アコギのピックアップにはどんな種類があるか知っていますか?動画つきで各ピックアップの特徴とデメリットを紹介します。あなたにとっての理想のピックアップが見つかるはずです。...

続いてインピーダンスの高低について説明します。

ハイインピーダンスとローインピーダンス

インピーダンスの状態には2種類があります。
それが ハイインピーダンス と ローインピーダンス です。

その名の通りハイインピーダンスは抵抗(インピーダンス)が大きい(High)という意味です。
ローインピーダンスはその逆で抵抗が小さい事を意味しています。

早速覚えて欲しいポイントがあります。
それがハイインピーダンスはノイズが乗りやすいという点です。

「なぜそうなるのか?」は図解で説明するので、一旦そういうものと覚えてください。

それでは図解に行きましょう。

図解でインピーダンスを理解しよう

電気信号はよく水の流れで例えられるので、ここでも川に例えて説明します。

図解では
川幅がインピーダンス(狭いほど抵抗が大きい)
水位がレベル(音域・音量)
絵の具や石による水の乱れがノイズ
川の長さがケーブルの長さ
を表しています。

 

ハイインピーダンス

ハイインピーダンスの特徴

ハイインピーダンスは幅が狭い水路です。
道の脇に用水路ってありますよね。あれをイメージしてもらえればOKです。

狭い水路は少しずつしか水を流す事ができませんが、少ない水で水位を稼ぐ事ができます。

そして水路に絵の具や石を投げた場合はどうなるでしょう?
すぐ水の色が変わったり、ジャポンと入った石の影響で水面が波打ちますよね。

これはハイインピーダンスが持つ、微弱な信号でも効率よく音を伝えられる特徴
小さなノイズにも影響を受けやすい特徴によく似ています。

 

ローインピーダンス

ローインピーダンスの特徴

ローインピーダンスは幅の広い川です。
世界最大の川幅(最大320km)を持つアマゾン川をイメージしてください。
(東京〜京都が約360kmだからどれだけ広いのか)

川幅が広いということは大量の水を流す事ができます。(抵抗が小さい)

そしてアマゾン川に絵の具や石を投げたらどうなるでしょう?
水の色なんてほぼ変わらないし、東京〜京都間もある川幅の水面はビクともしません。

これでローインピーダンスが持つ、抵抗が小さく強い信号で送る事ができるためノイズに強いというイメージは何と無くできたと思います。

 

ケーブルの長さと音質劣化

ケーブルの長さとノイズの関係

当たり前ですが、等間隔に川へ石を投げた場合、川が長いほど投げ込まれる石の数も多くなりますよね。

だからケーブルが長い程ノイズが入りやすくなるのです。

長めのケーブルを使う場合はなるべくノイズが入らないようにローインピーダンスにして出力する事は忘れないでください!

 

要点まとめ
  • ハイインピーダンスは狭い水路=ノイズの影響を受けやすい。
  • ローインピーダンスは幅広の川=ノイズの影響に強い。
  • ケーブルの長さは川の長さ=長い程ノイズが入り込む。

 

次にインピーダンスの正しい使い方「ロー出しハイ受け」について説明していきます。

ロー出しハイ受けについて

ロー出しハイ受け」って言葉は聞いたことありますか?

これはノイズを少なく機材を繋げるための原則です。
ギターにおけるインピーダンスの理解はこれだけ覚えておけばOKです。

これを理解するためにはまず、「入力インピーダンス」と「出力インピーダンス」を知る必要があります。

新しい単語が出てきましたが、何も難しいことはありません。

噛み砕いて説明していきます。

入力インピーダンスと出力インピーダンス

 

入力インピーダンスと出力インピーダンス

画像の通り、入力・出力インピーダンスはインピーダンスが発生する場所を表しています。

機材から出てくる信号にかかる抵抗を出力インピーダンス、
機材に入ってくる信号にかかる抵抗を入力インピーダンスと言います。

簡単ですね。

 

続いて入力・出力インピーダンスにおける高低のイメージ図を見てみましょう。

入力と出力インピーダンス

 

入力インピーダンスについては信号を受け取れるキャパの大きさと捉えても分かりやすいかもしれません。

はい!これで「ロー出しハイ受け」という言葉が理解できるようになりました!

ロー出しハイ受けとは

出力<入力

ロー出しハイ受けとは「低いインピーダンスで出力された信号を高い入力インピーダンスで受け止める」事を指しています。

画像では出力より入力の入口が広いため、次の機材が余裕を持って信号を受け止めていることが分かります。
僕たちはこの状態を目指したいのです!

 

ロー出しハイ受けとは
  • 「 直前の出力インピーダンス < 入力インピーダンス 」のこと
  • これを守る事で音質劣化を防ぐ事ができる

 

またロー出しハイ受けになっている状態のことを「インピーダンスが合っている」と言ったりします。

「インピーダンスが合っている」とは「ロー出しハイ受け」ではなく、「ロー出しハイ受け」のことを指している。

 

次に「ハイ出しロー受け」についても見てみましょう。

ハイ出しロー受けだとどうなる?

出力>入力

ハイ出しロー受けだとどうなるのか。

出力に比べて入力の口が小さいため、高音域の信号を取りこぼしていることが分かります。
これが音質劣化の正体です。

音質劣化でよく起こるのが「ハイ落ち」と言われるもの。

ハイ落ちとは高音域(high)の信号を受け取り切れず、高音域の音量だけが下がってモコモコした音になってしまう状態です。

ミキサーのような入力インピーダンスが低い機材に直接ギターから出たハイインピーダンスの信号を挿すとこのような現象が起きます。

また画像では高音域が拾えていないように表しましたが、出力>入力の場合は高音域に限らず特定の音域のレベルが下がってしまう可能性があります。

初心者によく有りがちなのが、ハイ落ちによって高音が聞こえないからとボリュームを上げてしまう事です。

確かに全体のボリュームが上がると相対的に高音域も大きくなりますが、ノイズ音も同じだけ上げるため、良い音とは言えなくなるのです。

ハイ落ちが起きている場合は組んだ機材の組み合わせでどこかおかしな所が無いか今一度見直しましょう!
(インピーダンスが出力>入力になっている箇所が無いか確認)

ここまで読めばインピーダンスと「ロー出しハイ受けの鉄則」については理解できたと思いますのでまとめに入ります。

まとめ

それではまとめです。

  1. インピーダンスとは抵抗のこと。
  2. ハイインピーダンスとローインピーダンスは抵抗の高低のこと。
  3. 入力・出力インピーダンスは機材の入口・出口で発生する抵抗のこと。
  4. 「ロー出しハイ受け」が原則。ノイズの少ない音で演奏できる。

機材を持っているにしろ、これから買うにしろインピーダンスの知識は必須という事は分かったと思います。

ちょっと知るだけで良い音で繋ぐ事ができるので、改めて自分の機材を見直してみてはいかがでしょうか。

アコギ用ピックアップの違い
【動画あり】アコギ用ピックアップの種類とメリットを解説アコギのピックアップにはどんな種類があるか知っていますか?動画つきで各ピックアップの特徴とデメリットを紹介します。あなたにとっての理想のピックアップが見つかるはずです。...
パッシブピックアップとアクティブピックアップの違いパッシブとアクティブの違いは分かりますか?知らないで使用すると音質が低い状態で使用していることになるかも知れません。 図を使って分かり易く解説していますので、ここで理解してみましょう!...
ABOUT ME
ケニー
アコースティックギター・ソロギターについての情報をゆるく発信していきます!